ASTC

販売、レンタルの流れ

購入から納品までの流れ 改造コンテナ納品までの流れ レンタルから返却までの流れ

その他サービス

不要コンテナの引取り 再生コンテナの一年保障について

ブログ

女子職員のブログ〜ゆんたくはんたく〜

不要になった中古コンテナの引き取り









コンテナを引き取る際の注意点

( 1 ) 事前に担当者がコンテナの状態を確認します。コンテナの状態によっては買い取ることができず、反対に廃棄料が必要な場合がありますのでご了承ください。

( 2 ) コンテナを廃棄する際には、コンテナを移動する配送料やコンテナを解体する費用が掛かりますので、その金額をお見積り致します。

( 3 ) 引き取りに関するお見積りは無料で行いますので、お気軽にお問合せください。

( 4 ) お見積りの査定で重要なポイントは下記のようになっております。

外観をチェック

 全体的な歪みや膨らみがないか確認します。








天井をチェック

 かさぶた状になった錆がないか、穴あきがないかをチェックします。







ドア周りをチェック

 特に蝶番の周りの部分が錆びやすく、錆が酷くなると蝶番がドアから外れてしまうため、この部分の錆が酷いと査定に響きます。





下回りをチェック

 この部分の錆が酷い=コンテナの底部分の錆も酷いことが多いため、この部分の錆が酷い場合は査定に響きます。






内部をチェック

床板の汚れの程度、床板が腐って浮いていたり柔らかくなっていないかどうかを確認します。
床の汚れが酷い場合や床板が腐っていると、床板の張替が必要になるため査定に響きます。